FX1000通貨で安定収入を目指す

FX1000通貨トレードの大きな魅力

一般的に為替取引というと外貨預金を連想されるという方も少なからずいらっしゃると思いますが、通常の外貨預金は手数料が非常に高く設定されているために、預金利用者にとってはコスト面において非常に不利な内容になっていると考えられます。外貨における同じ手数料という観点で見てみるとFX 1000通貨は非常に低コストに設定されており外貨預金に比較しても10分の1程度の手数料で通貨取引が出来るというメリットを持っております。

 

またFXなどの外貨トレードに関しては、ひと昔前まではある程度のまとまった資産が必要とされておりましたが、今ではレバレッジという仕組みも利用されるようになってきており、少額の投資資産からでも始められるというお手頃な感覚も多くの方に愛用されるポイントになってきております。FXのような為替に関する取引は常に動いているものであって、マーケットが開かれている状態であれば24時間いつであっても取引に参加できるというメリットもありますので、日中は忙しいという方であっても帰宅してから少しの時間を利用してトレードに参加することが可能になっているのです。

 

投資ジャンルや為替取引というと基礎知識を付けるために勉強するのが面倒だという方もいらっしゃいますが、FXに関してはシステムによるトレードが提供されており、特別に専門的な知識を身につけていなくてもある程度の複雑な取引はシステムで自動化させることができるという魅力がありますし、売買のタイミングや指値を設定しておくことで利益の確定や損切りを正確な為替レートで実行することが可能になっているのです。

 

FXなどの為替取引は円高円安の影響をうけるものでありますがFXでは売り注文から入ることも可能ですし、買い注文から入ることも可能になっておりますので、どのような局面から参加しても利益が追求できるというのも投資家にとっては大きな魅力となっており利用者の方に喜ばれる存在となっております。

 

 

1000通貨単位だとFX取引がしやすくなる

 

FXの取引をする際には最低この量から取引をしなければならない、通貨単位というのが決まっています。
少し前までは10000通貨単位が主流だったので、1銭動くごとに100円の損益が発生することになりました。
しかし、これは資金が少額の人にとっては損益が大きくなりすぎてしまったり、取引をするのに必要な証拠金も多くなることから、取引をすることができないという事態になってしまうこともありました。

 

ところが、最近では1000通貨単位で取引をすることができる業者が増えたことによって、FXの取引が以前から比較して格段に行いやすくなったのです。
1000通貨単位で取引を行うことができる一番のメリットとしては、少額からの取引が可能となるので資金の少ない人であっても余裕を持って取引をすることができるという点にあります。
1000通貨単位であれば1銭の値動きで発生する損益は10000通貨の10分の1の10円で済みますからこの程度の変動であれば、資金の少ない人であっても余裕を持って取引をすることができます。
また、金額の変動が10分の1になるというだけでなく必要な証拠金も当然10分の1になりますから、少額の資金でも取引がしやすくなるのです。
また、資金を効率よく投資に充てるにも最小単位が小さいというのは有利なものであり、10000通貨単位の場合必要な証拠金の量も増えることでポジションを増やしたいけれど、証拠金がわずかに足りないという状況になった場合資金を寝かしてしまうことになるので効率が悪くなってしまいます。
しかし、証拠金の必要な量が少なければ10000通貨を持つことはできなくとも9000通貨まで持つことが可能という取引をすることができるので、資金を目一杯使って投資をすることができるのです。
このように1000通貨単位で取引ができるというのは、資金が少額の人でも多い人にとっても様々なメリットがあるものとなっています。

 

 

1000通貨単位で取引が可能なFX業者

 

パソコンやインターネット等の急速な普及と発達によって私たちの生活は劇的に進化をし、ビジネスのあり方やプライベートの過ごし方などが大きく進化を遂げました。
さらに最近ではスマートフォンやタブレット端末といったデジタルデバイスが普及したことによって、私たちは場所や時間にとらわれずにいつでもインターネットサービスを享受できるようになったのです。

 

インターネットの幅広い普及によって、ショッピングや音楽や映画といったもののあり方が大きく変わったわけですが、それら以上に大きく進化したのが投資手段です。
かつて投資といえば証券会社等の窓口へ出向いて口座を開設し、取引を行う必要がありましたが、現在ではインターネットを駆使して簡単に投資用講座の開設ができるようになっています。
また、実際の取引においても24時間リアルタイムでの取引が簡単にできるようになったのです。

 

初心者でもとっつきやすい投資の手段として近年人気を博しているのがFXという投資手段になります。
FXは日々変動する通貨の価格変化を利用して収益を得ることを目的とした投資手段となります。具体的には外国通貨の売買を行い購入した通貨の価値が高まった際に通過の売却を行いその差益を得るのです。

 

効果的な投資を行なうためにはFX口座を開設する業者選びが非常に重要となるわけですが、初心者におすすめとなるのは1000通貨単位以下で取引ができるFX業者を選ぶこととなります。
取引単位はFX業者によって異なりますが、取引単位が1万通貨単位となっている業者は数多くあります。1米ドルが100円と仮定した場合、1万通貨取引の場合は投資の最低金額が100万円からとなるのです。
このためこれからFXを始めるという初心者にはこのことが大きな障害となってしまうのです。

 

しかし1000通貨単位ならば最低金額は10万円からとなりますし、100通貨単位であれば1万円からFXができます。
1000通貨単位以下で取引ができる業者としては、SBI FXトレードやマネーパートナーズ外為どっとコムなどがあります。

 

 

1000通貨単位FXのメリットとデメリット

 

資産運用の方法として長らく高い人気を誇っていたのが安全性の高さが特徴的な銀行の定期預金や国債となっていましたが、近年ではその人気に衰えが見えつつあります。
長引く不況の影響もあり、現代では1年ものの定期預金の金利は大手の都銀や地銀では0.05%を下回る水準となっていますし、長期国債の金利も同様に異様などの低金利となっているのです。

 

老後の資金需要の高まりなどから、多少のリスクを背負ってでも高いリターンが期待できる投資へと資産運用の人気がシフトしており、初心者でも気軽に始めることができる少額での取引が多くの業界で可能となっているのです。

 

有価証券の売買よりも気軽にできるとして近年高い人気と注目を集めているFX取引も例外ではなく、ネットを通じて簡単に口座開設ができ、手軽な取引が可能となったほか、少額での取引が可能となりました。

 

現在では1000通貨単位という少ない単位での取引に対応している業者も多く、以前の主流であった1万単位通貨取引の10分の1の通貨単位となっているので気軽な取引ができるのです。
1000通貨単位取引ならば通貨価値の変動の影響が少ないのでローリスクで投資ができます。FX初心者が経験を積むために行う取引としては最適だと考えられますし、自分に適した投資スタイルの模索にも大いに役立つのです。

 

1000通貨単位取引の注意点としては、取引量が少ないので大損をする可能性が低い一方で儲けを出すことが難しいという点や1万通貨単位の取引では発生しなかったプラスアルファの取引手数料が発生する場合があるということです。

 

特に取引手数料については十分に注意しておかないとFXで利益を出しても手数料の支払いでマイナス収支となってしまうこともあるのです。
なお、「外貨オンライン」などの業者であれば1000通貨単位取引でもプラスアルファの手数料が発生することはないのでおすすめとなります。

 

初心者がFXを始める際には、取引通貨単位・スプレッド・プラスアルファの手数料に注目して業者選びをするとよいでしょう。

 

FXはしっかりトレードの分析や検証を毎日行うことが重要です。漠然と毎日取引を行っているだけでは大きな儲けを得ることができません。FXで勝利を収めることはできないのでしっかり自分なりにFXの取引を成功させる事が大切です。成功者になるためにはFXの勝負時をしっかり見極めることが大切「急がば回れ」で、分析や検証などといった手間のかかることも惜しまずに投資をしていくことが大切です。分析や検証を含めて難しそうな理論のテクニカルツールを行うこと、イメージのみで投資を行わないようにしましょう。
経済指標をしっかり確認して、発表の日や儲け時を狙うことがまず第一、また通貨の選択なども非常に大切な場面です。着実に取引を行うことが可能ですので焦らずに移動平均線を用いた基本的なテクニカル分析を毎日確認し参考にすることが大切です。勝っている人のトレード手法等のアドバイスをしっかり見本にし、シンプルにコツコツ投資を行っていくことが求められます。FXにはいろいろな手法がああり、それなりに経験を積むことで更なる磨きをかけることができます。ここで勝負なときに掛金を多く掛ける事が求めれらます。緻密な分析を賢く行うこと、自分に合う手法にて投資を行うことが大切です。
感情に流されずにじっくり投資を行う、もし掛金が下がってしまってもイライラしないことが大切です。そのまま待っていれば取り戻すことができます。
メンタルコントロールを重視してじっくり投資を行ないましょう。私の知り合いの上級トレーダーたちはしっかり精神面メンタル面が強くて決断力を重要視します。FX取引での失敗しないようにどんな時も投資をしやすい環境を整えています。
もシ負けていても、即FXの投資として納得することが大切です。投資しやすい環境をしっかり把握する事、また負けない投資を行うことが最善です。きちんと先輩のアドバイス等や投資会社のアドバイスを参考にすることが基本になります。

続きを読む≫ 2015/06/10 07:52:10

外貨預金では、外貨の買いを行い利益が出るときにFXで、外貨の買いから取引を始めます。更に外貨の売り、取引をしっかりスムーズに行うことが大切です。外貨の売りから入る意味としてドルを110円で売る。またドルが100円になったらそこでドルの買いを入れるなどをすることで利益を出していきます。利益が出るまでじっくり値動きを観察しましょう。
また事前に予測することが出来れば更に利用しやすい環境を保つことができます。10円の差益を得ることでも掛金が多ければ儲ける金額もあがります。また即日で契約してそのまま取引となります。外貨を売りから入る際に金利スワップポイントをゲットすることができます。支払うことにもなりますのでしっかり利用価値を見極めましょう。
外貨預金を始めると方は覚えておきましょう。円預金より高い預金金利を得ることができるのでFXも同様になり、非常に高い儲け率を記録する事ができます。要は上がるか下がるかをしっかり見極めることが大切です。外貨を購入した際には1日ごとに金利がついてきます。この金利のことをスワップポイントと呼びますがこのポイントのメリットをしっかり把握しておきましょう。
使いやすいFXの会社はスマホで投資をすることができます。そのため時間に余裕のないサラリーマンでも満員電車のなかでマメに取引を行うことが出来ますので、非常に利用しやすい環境を準備しています。
しっかり自分らしく時間のあるときに取引を行うことが出来るように投資の際には何度も儲けるまで試して行きましょう。勝負時には多くの金額を投資することができるレバレッジを行うことが大切です。保証金を預けるだけで、即取引を行うことが出来ますので非常に有利な取引を行うこともできます。儲けたお金が10万円の時、レバレッジを利用していれば250万円の利益を出すことができます。そのためFXは勝負の時をしっかり見極めて投資をスタートしましょう。買いと売りから入れるのがFXの醍醐味です。

続きを読む≫ 2015/06/10 07:52:10

こんにちは、私はFXを勉強して将来余裕のある生活を夢見るサラリーマンです。FXに勝つにはどうしたらよいのでしょうかね。

 

私はFXに勝つために今回いろいろと考えてみました。まず初めに為替レートについて基礎的なことを勉強してみることにしました。

 

為替レートって毎日のように値段が細かく変わって一定ではないのです。今はいわゆる変動制って言われています。大昔は固定だったみたいですがこれだとFXという商売は成立しないです。

 

何故なら一度円で買った外貨通貨は円に対して安くなったり、高くなったりするわけですから、円に対して損をしたり得をしたりするわけです。我々日本人は円を増やしたいわけですから、買った外貨の価値が上がったら円を買い戻せばよいのです。

 

しかし、一度買った外貨通貨が動くなんて、生き物みたいでほっておいたらどうなってしまうかが怖いですね。でも、もし生き物のようであれば方向がわかればチャンスもあるかも知れません。

 

ここでチャンスの形を書いてみたいと思います。例えば、生き物であれば餌があればにおいで餌の方向へ行きます。しかし餌に該当するのはFXとってはなんでしょうか?すばり私は餌にあたるのは金利に関するニュースだと思います。

 

金利がFXにどのような影響をあたえるのは、これから、説明してみたいと思います。FXをすると二国間で金利差が生まれます。これをスワップポイントと呼ばれています。このスワップポイントは円より金利の高い外国通貨のポジションを持った時に貰えます。

 

よって金利が高い通貨を持っていたほうが有利です。円の金利が低いと円は持っている旨味がないので、必然的に円が売られることになります。円が売られると円安になります。

 

もし、外国通貨(特にアメリカ)がさらに金利を上げるというニュースが出たら円安は免れないでしょう。よってFXに勝つには、こういったニュースをチェックする習慣が必要になってくるのだと思います。

続きを読む≫ 2015/06/10 07:50:10

こんにちは、最近の世の中はインターネットが普及して、働きにでなくてもインターネット上で仕事をすれば、それだけで生活ができてしまうかもしれません。今日はそこのところを書いてみることにしました。

 

まず初めにネットでできる仕事について調べてみました。すると、株取引、FX、アフィリエイト、ポイントサイト、アンケートサイト、クラウドで文章作成、オークションなどがありました。

 

この中で、現在私が実践しているのが、株取引、ポイントサイト、アンケートサイト、クラウドで文章作成ですが、まだFX、アフィリエイト、オークションはやったことがありません。

 

この中でもやってみたいと思っているのがFXとアフィリエイトです。オークションは難しそうかな。

 

今日はどちらか絞って書きたいので、最近好調のFXについて解剖していきたいと思います。

 

さて、しかしFXはどうやったら勝てるのか、さっぱりわかりません。とりあえず口座がないと始まらないので口座を開きます。ここで口座を開くコツを教えます。なんでFXをやった事がないのに、そんなことがわかるのかと言うと、一応、猛勉強したからです。

 

それでは説明します。口座を開く時は信用のあるFX取扱業者にします。つぶれたらお金が帰って来なくなったら大変です。そして、ひとつだけお徳な情報があります。口座を開く時はキャンペーンを狙うのです。大手のFX業者はやっているところが多いです。ポイントサイトから登録する裏技もあるみたいなので要チェックです。

 

さて、口座を開いたら次は本格的に取引を開始するわけですが、取引する通貨を決定します。私が断然おすすめするのはドル/円です。何故なら一番判りやすく安定的だと思われるからです。

 

安定的だと何が良いのかというと、感情に左右されてあたふたしなくて良くなります。初心者のうちはなるべく値動きによる心の負担がないほうが良いでしょう。

 

もし、ちょっと馴れてきたら、ユーロやポンドを取引するのも良いかもしれません。

続きを読む≫ 2015/06/10 07:50:10

為替取引やFXでは意外と専門用語が使われていることも多く、為替トレード用のシステム内でも頻繁に出てくるものでありますので、基本となる部分だけは重点的に確認しておくことでより早く売買に慣れることが可能になってくると思います。取引の途中で知らない単語が出てくると冷静な判断もできなくなってしまいますので、実際に取引を行う前にデモ画面などに出てくる用語はチェックしておいて損はないと思います。
FXにおいて特に重要な意味を持っているのがレバレッジというものであると思います。レバレッジとは日本語においてはテコの原理と呼ばれるものであり、小さな資金であっても大きな通貨の取引ができるというイメージになります。これは少額の資金であっても大きな資金を動かせるということで、より高額な利益を狙えるというメリットがありますので、あまりレバレッジをかけ過ぎてしまうと、損失を出した時のリスクも大きなものになってしまいますので、慣れないうちは自分のレベルに合わせたレバレッジを選ぶことが重要になってきます。
また利益を追求する上で重要になってくるのがスワップ金利と呼ばれるものになってきます。正確には金利とは異なっているのでスワップポイントと呼ばれることもありますが内容は同じものだと考えて問題はないと思います。FXで通貨のトレードをするのですが、当然ながらそれぞれの通貨には金利が決められており、その金利差が利益として得られるという仕組みになっているのです。
特に日本円は世界的に見ても低金利となっておりますので、高金利の通貨と取引をすることによってより大きな利益をスワップポイントとして得ることも可能になってくるのです。今では外貨預金なども多くの方に利用されておりますが、手数料などを比較してみてもFXは非常にスプレッドが小さく設定されておりますので、実質的な手数料は外貨預金よりも大幅に小さいものであると考えることが可能だと思います。

続きを読む≫ 2015/06/10 07:49:10

こんにちは、私はFXにまだ初心者の会社員です。FXと言いますとリーマンショックでかなりの人が損をしたイメージがあります。何故なら、当時はそのような報道がいっぱいあったからです。今でも動画などたくさん見ることができます。

 

そういったこともあって少しFXには手をつけにくい気もしますが、最近の株高や円安で安定的な部分がでてきたので、私も恐る恐るFXについて勉強しています。せっかくなので、今日は勉強したことや思ったことをそのまま書いていきます。

 

FXをするのに必要なものはお金と口座ですが、まずお金は汗水働いて貯めることができます。次に、口座開設ですが、私が調べた大手のFX業者は手数料が無料でした。初めは手数料が無料なんてありえるのかと疑いましたが、それにはちゃんとした理由がありました。

 

その理由とはマージンです。マージンって粗利益ですが、これが手数料の代わりにFX業者に入るのです。今日はその仕組みについても書いてみようと思います。

 

長々と話しを書くと難しくなるので、判りやすく、リンゴとリンゴ業者で例えます。あるリンゴ業者が100円で仕入れたリンゴを105円で客に売ります。これで5円リンゴ業者のもとに入ります。

 

これを値段が違いますが、為替レートでFX業者も一緒のことをします。1ドル100.00で投資家から買って、1ドル100.03で投資家へ売るといった感じになります、よって、業者には手数料で儲けなくても、このマージンで儲かるという仕組みになっています。ちなみにこのマージンはちゃんとした名前がついていてスプレッドと呼ばれています。

 

なるほど、私は競馬もやりますが、競馬も胴元が儲かる仕組みになっています。結局FXも同じなのかなと一瞬落胆しました。しかし、FXのスプレッドは非常に小さくて、1円以下の世界です。普段日本株の売買をしている私にはすごく良心的に思いました。よってこれから、もっとFXを勉強していきたいです。

続きを読む≫ 2015/06/10 07:49:10

世界中の通貨には、それぞれ金利差が存在しておりますが、特に日本の円通貨は低金利となっているために、外国の高金利な通貨による利益が非常に大きなものとなってきております。FXにおいても取引通貨によって金利による利益が得られるようになっており、スワップポイントとして受け取ることが可能になっております。
スワップポイントはポジションを維持している間だけ発生するものでありますので、比較的長期で為替取引をされるという投資家の方には大きな利益が得られ安いものとなっております。また高金利通貨を扱っているFX口座も多くなっておりますので、口座開設の前に自分の希望に合った通貨が取引できるかチェックしておくことも大切になってくる要素です。
FXにおけるポジションは2通りに分けられるものとなっており、売りポジションと買いポジションと呼ばれます。また、別名としてロングポジションやショートポジションと呼ばれることもありますが内容は同じものを示すものとなっております。
このポジションと決済を繰り返すことによって利益を得るということがメインで考えられる利益追求の方法でありますが、より安定的に取引か数を少なくして利益を得ていきたいという方は先ほどのスワップポイントもしっかりと念頭において取引することが大きな利益確定に繋がるものになってきます。
日常的に取引を行うデイトレーディングなどを希望されている方にもFXは大きな魅力を持っているものであり、FXの為替トレードでは世界の通貨を取引対象にしているために、通貨のどれかのマーケットが空いていれば取引が可能となりますので、実質的にいつでもトレードによって利益を得ることが可能になってくるのです。
FXにおいてはレバレッジによって投資資金以上の通過を取引することができ、大きな利益追求も可能になってくるメリットがありますので、外貨運用の分野としても非常に利益を出しやすいジャンルになっていると考えられます。

続きを読む≫ 2015/06/10 07:49:10

こんにちは、私はもうあと一ヶ月もしたら仕事を辞めるサラリーマンです。なんで会社を辞めれるかといったら株で生活費を稼いで行けるからです。

 

しかし、株は今はバブルで調子が良すぎます。もし景気が悪くなったら株で食べていくのは難しくなるかもしれないので、FXも見当してみたいと思っています。何故かFXかというと株と違って銘柄選択も無くたいへん判りやすいからです。今日はFXの入門的なところを書いていこうと思います。

 

まず初めに、FXをやるには為替レートを知らなくてはなりません。為替の動きには単純に2つあります。今日は判りやすく、例を出してドル/円で書いてみたいと思います。

 

まずは円安からです。1ドルアイスクリームが110円で買えたとします。これが1ドルアイスクリーム120円になりました。120円出さなければ買えなくなったので円安方向になったということになります。何故なら、以前より円を沢山出さないと、アイスクリームが買えなくなっているからです。

 

次は円高です。1ドルアイスクリームが110円で買えたとします。これが1ドルアイスクリームが100円になったとします。110円だったアイスクリームが100円で買えるので、円高になったと言えます。何故なら、以前より少しの円でアイスクリームが買えるからです。

 

今日はドル/円で書いてみましたが、この原理はユーロやポンドなどの他の通貨でも一緒です。

 

さて、これで円安と円高の根幹が解りました。それでは今度は現在のマーケットがどのような状態か観察してみたいと思います。

 

単刀直入に言うと、現在は円安方向に動いているみたいです。何故そのような事がはっきり判るのかと言いますと、私が為替レートを見る場合はチャートというものを使用するからです。

 

実はこのチャートというものは過去の売買の流れが一目でわかる優れたツールなのです。波を打った線で表されるので初心者でも判りやすいです。FXをするなら絶対必要だと思います。

続きを読む≫ 2015/06/10 07:49:10

金融投資についてのマンガなどを読むと追加証拠金について面白おかしく描かれていたりします。
株や先物取引などの信用取引では、投資家が証券会社に預け入れた証拠金以上の金融商品の売買が可能になります。そこで場合によっては証拠金以上の損失が発生し、口座の残高がマイナスになってしまうというケースが起こりうるのです。このような場合に投資家は、追加証拠金の差し入れが要求されることになります。
しかしFXでは、このような追加証拠金を求められることはほとんどありません。
というのも、各FX会社では強制ロスカットと呼ばれるシステムを導入しているからです。強制ロスカットは証拠金に占める含み損が膨らんだ時、その割合が一定ラインを下回った時に、FX会社が強制的にポジションを精算し、損失を確定させるシステムのことです。この強制ロスカットによって、相場が急変して予想外に含み損が膨らみ、証拠金残高を急激に減ってしまうという状況でも、証拠金残高がマイナスになってしまうのを事前に防ぐことができるのです。
したがってFXにおいては通常、口座がマイナス残高になることは考えられないため、投資家がFX会社に入金した証拠金にリスクを限定して投資を行えることになります。しかし、いたずらに含み損を膨らませると損失が発生するリスクが大きくなってしまうため、強制ロスカットに頼ることなく、個々の取引においてはきちんと逆指値の損切り注文をあらかじめ入れておくことが重要になってきます。

続きを読む≫ 2015/06/04 13:26:04

トレードをやっている方なら誰もが自分のルールを持って取引していると思います。ルールを作って守りながら取引をしていくことが大事だと知った初心者の頃、自分オリジナルのルールを作ってやっていました。作ったルールは、ロットを上げすぎない。10万円で持っていいポジションは1000通貨だけ。わかりやすい相場でエントリーして、すぐに利益確定。持ち越しはしない、などです。他にももっと細かいルールを作りました。一定量のポジションで取引していくことは出来た時期がありました。細かく利益確定するトレードも出来ました。ルールに忠実に取引していたら、少しずつですが利益が積み重なって最初100円だったものが1000円になりました。1000円になったころから大きな心になり、決めたルールを守らなくなっていきました。まず破ったのがポジション量。1000通貨でやっていくと決めていたのに、わかりやすい相場が来ると、2000通貨にしてしまいました。ルールを破ってエントリーした時、心臓がひたすらバクバクいって、頭がクラッとしかけました。やってはいけないことをやってしまったために、体が拒否反応を起こしました。その瞬間、頼むから相場戻ってくれ~!と願いました。そのときは運よく戻りました。もう二度とやらないからと固く誓って次こそは!と思いました。ところが、同じことをまたやってしまったのです。1回ルールを破ると同じことをまたやってしまうのです。自分が決めたことを守るっていかに難しいことなのか実感しましたね。

続きを読む≫ 2015/06/04 13:26:04